顎咬合学会2017 in 東京に参加
2017年 06/16

先日、東京で開催された顎咬合学会に参加しました。 今年は、2回目ということもあり数日前から計画を立てて当日はスムーズに聞きたい先生方の講演をまわることができました。
今回は、歯周病治療がメインの講演を選択しました。3名の先生方の講演を聞いて歯科衛生士としてどうあるべきか、患者さんに何を伝えるべきか、どう伝えるべきかを学ぶことができました。
歯科衛生士2年目になり、少しずつ軽度の歯周病の患者さんを診させてもらうことが増えてきました。
このタイミングで学会に参加して、新たな目標も見つかり、とても有意義な1日になりました。
たくさんの刺激を受け、もっと知識や技術を身につけたいと思いました。
今年もこのような大きな学会に参加させて頂けたことを感謝します。

(歯科衛生士 宮澤)

6月11日に東京で開催された顎咬合学会に参加させていただきました。 学会の前日に観光したスカイツリーの夜景、豪華な夕食のパワーを貰い、2回目の学会は無駄なく行きたいところをまわることができました!
特にシュミテクトのCMにも出ている若林先生の講義が一番印象的でした!『ただ単に歯周病の仕組みを伝えるだけでは患者さんには響かない。どのように協力してもらえるのか患者さんの性格を掴みきっかけを見つけ出すことが大事』だと教わりました。
私もこれからの診療で患者さんとコミュニケーションを取りながら患者さんのきっかけを作れる衛生士になりたいと思いました。

(歯科衛生士 博多)

先日、東京で開かれた顎咬合学会に行ってきました。とても大きな学会で、私にとって初めて院長や先輩スタッフと一緒に参加する学会だったのでとても楽しみにしていました。学会では、著名な先生方の講演を聴いたり、企業展示やポスター発表を見てまわったりする中で新しい情報を収集し、自分自身とても刺激を受けました。中でも、治療を行う上での患者さんとの関係づくりやカウンセリングのポイントを具体的に話してくださった若林先生の講演は大変興味深く、明日の臨床から実践できるヒントをたくさん得ることができました。今後もこのような開けた場に出向いて、新しく得た情報を患者さんにも還元していけたらと思います。
さくらい歯科クリニックで歯科衛生士として働き始めて3ヶ月目に入り、患者さんとコミュニケーションを図る余裕も少しずつですができてきたように思います。今回の学会での学びを活かして、常に広い視野と豊富な知識をもって日々の臨床に励んでいきたいです。

(歯科衛生士 秋森)

WEBから24時間予約受付

検診のご予約 初診検診のご予約