広島大学歯学部卒後研修会に参加して
2013年 09/13

9/8に広島大学歯学部卒後研修会に院長と参加しました。
今回のテーマは総義歯(総入れ歯)についてで、講師は東京医科歯科大学教授の鈴木哲也先生でした。総義歯は難症例が多く義歯の作製や調整も難しいのですが、実践的でわかりやすくお話しして下さり、とても参考になりました。
現在、抜歯した後インプラントという選択肢も増えましたが、全身的・経済的な理由から義歯を選択される方も多く、今後も診断力と技術力の向上が必要と思いました。個人差のある口腔内から、その方が食事を楽しめて全身の健康にもつながるような義歯を作製できるよう今後も努力したいです。
また、義歯を入れた後の科学的清掃(義歯洗浄剤によるもの)の重要性についても学びました。義歯は表面の傷から細菌が繁殖しやすく、誤嚥性肺炎につながる事もあるので毎日義歯洗浄剤を使用し予防する事、歯磨き粉は傷の元になるので使用しない事を徹底するよう教わりました。
これからも、講演会などで多方面の知識を深めたいと思いました。

Dr.柴内明子)

WEBから24時間予約受付

検診のご予約 初診検診のご予約