日本歯周病学会教育講演
2011年 09/05

歯科衛生士の島田です。
今回は日本歯周病学会の講演を受講するため、和歌山県まで行ってきました。?
鶴見大学歯学部歯内・歯周病講座の鈴木丈一郎先生の講演は大変分かりやすく、目からウロコのお話が盛りだくさんでした。その講演の中で特に心に残ったのは、

“歯周病にならない、虫歯にならないための食事のポイント”として、
・食事は正座(椅子に座る場合は両足を床につける)
・テレビを見ながら食べない
・パン食は避ける
・硬いものは食べない
・腹八分目

が良いということでした。一見歯周病や虫歯に何の関係があるの?と思われるかもしれませんが、実は歯周病も虫歯も生活習慣病。当たり前と思われることばかりでも意外とできていないものも。態癖、姿勢なども歯周病に影響しますので、気を付けたいですね。
今回のお話は東洋医学の考え方のお話しも多く、大変興味深いものでした。これからの診療に役立て、皆さんのお力になれるように情報を提供できたらと思っています。
ところで皆さんは”粗食のすすめ”という本を御存知ですか?幕内秀夫先生の本です。今回の講演の中にもお話しが出てきたのですが、飽食の時代に食生活改善を目指す方に大変オススメです。私も主婦の一人としてまた歯科衛生士としても大切にしている本です。 皆さんも是非手に取ってみてくださいね。

(歯科衛生士 島田)

WEBから24時間予約受付

検診のご予約 初診検診のご予約