第9回 長谷先生セミナー
2008年 11/27

毎月1回の長谷先生によるセミナーは続いてるわけですが、今回は院内発表会をおこないました。当日まで発表の準備をおこなった衛生士さんたちは大変だったと思いますが、よく頑張ったと思います。お疲れ様でした。

今回の感想をすこし・・・

「ここが磨きにくいです・・」と言われた患者さんに対して〝長谷先生は歯肉の形態から〟判断して、的確に歯みがき指導をしておられて、さすがだなあと思いました。観察力の大切さを学びました。私も説得力のある、その人にあったTBIをできるように頑張りたいと思いました。 (衛生士 近末)
SRPの技術向上に力を入れてきて、SRPだけでは良くならない症例に出会うことで、超えられない壁を感じていました。抗菌療法について今回長谷先生に教えてもらい、なんだか超えられない壁を越える方法を見つけたような気がします。SRPも含め、色んな方面からアプローチできるようにより一層頑張っていきたいと思います。

(衛生士 阿部)


今回のセミナーでは自分の担当患者さんの口腔内写真、レントゲン、問診をもとに、これからどのように治療していくか、どうしたいのかという発表をしました。自分なりに分析し、判断し、頑張ったつもりでいたのですが、先輩方の発表を聞いて、自分はまだまだだなあと実感させられました。長谷先生からのアドバイスや指導を受け、もっと勉強しないといけないという自覚が芽生えてきたので、これからも努力していきたいと思います。

(衛生士 松下)

WEBから24時間予約受付

検診のご予約 初診検診のご予約