第26回顎咬合学会学術大会・総会への参加
2008年 06/20

今回、初めて東京有楽町の国際フォーラムで行われた顎咬合学会の学会(6月14日,15日)に参加させてもらいました。何よりまず、近代的な建物の造りや会場のスケールの大きさに驚いて、いったいどんな大会が始まるのかだろうと面くらってしまいました。まるで、大学祭かなにかのフェスティバルでもやろうかというような人だかりで、広い会場内のたくさんのホール、展示会場、どこにいっても歯科関係者らしきひとひとひとで…、こんなに歯科関係者が一同に介することはおそらくないだろうと思われる異様な空間となっていました。

院長とは2日目の午後の2講演では一緒になりましたが、正直私には雲の上のお話で、よくわかりませんが、終始感心して終わりました。それ以外は自分のテーマに合わせて、いろんな講演を選んで聞きにいき、それぞれが、明日から使える実践的なテクニックの話や知識の得られる楽しいものが多く、とても有意義な時間を過ごさせてもらいました。

2日目は見るものが多く、お昼もそこそこに、衛生士さん向けの有料セミナー・講演直前の長谷先生にご挨拶に伺いました。ご多忙の中、うちの医院のカメラの視度調節について気にしてくださり、展示会場の業者の方に聞いていてくださっていたようで、さっそく帰りに会場のソニックテクノさんに確認してきました。

仕事は忙しい人に頼めというのは本当で、向上心をもって精力的に働いている人ほど、どんどん新しい知識や技術を身につけることができるのだろうと感じました。自分も置いていかれないよう、がんばらなければと思った二日間でした。

WEBから24時間予約受付

検診のご予約 初診検診のご予約