第3回長谷セミナー(患者実習と口腔内写真撮影練習)
2008年 06/02

5月28日(水)今日は長谷先生のセミナーの日です。今日はさくらい歯科はじめての患者実習もありました。臨床現場での長谷先生はDHとしてのオーラが出ておられて、「かっこいいなー」と眺めていました。自分はまだまだで、DHとしての自覚とか意気込みという大切な点を教えて頂きました。
その後、今日の課題は口腔内写真を撮れるようになることだったので、相互実習も交えながら練習しました。手ごたえを感じた人もいれば、逆にできなくて落ち込む人も・・色々でしたが、こえからしっかり練習して、「3分で9枚を撮れるようになる」目標を達成できるように頑張りたいと思います。

(DH 近末)

5月28日(水)、長谷先生による衛生士のフォローアップ第3回目が行われました。今日は1ヶ月に1回メインテナンスに来ていただいている私の担当患者さんを長谷先生に診てもらいました。
患者さんの口腔内は前より良くなったものの、これといった確信がなく、これからどうすればいいのか、まだ良くなっていないところはどうメインテナンスしていけばいいのか、どうすれば良くなるのか、色々悩んでおりました。なんとか患者さんの期待に応えたい、良くしてあげたいという気持ちが強くあったので、長谷先生に直接指導を受けさせていただきたいとお願いしたところ、短い時間ではありましたが、たくさん指導してもらいました。
今まで疑問に思っていたこと、分からなかったこと、不安に思っていたことなど、全て解決することができ、私は今回自信と確信を持つことができました。患者さんからも「長谷先生優しかった。安心した~ありがとう!」と満足していただいたので、私もとても嬉しかったです★協力してくださって本当にありがとうございました\(^o^)/
わたくし松下がこれからも責任を持ってメインテナンスさせていただきます!!

その指導が終わり、次は前回の課題のチェック!
1人づつ細かくチェックしていただきました。

そして今回の本題、「口腔内写真」に突入!!口の中を9枚デジタルカメラでパシャ②撮る作業です。
口腔内写真は自分の口の中を隅々まで知ることができるし、歯周治療やブラッシング指導を受けると、歯ぐきの状態が健康な状態に変化してくるので、それを比較するのにもとっても重要な作業なのです。他にも様々な面で活躍する口腔内写真なのですが、私達は今まで誰に教えられたというわけでもなく、「これでいいのかな…」と試行錯誤で撮っている部分がありました。時間はかかるし、何回も撮り直しはするし、患者さんにも負担をかけてしまうしで、私達にとっては自信のない分野でした↓↓
それを今回長谷先生が私達にマスターさせてくれるとゆうことで、猛特訓ッ!!目標は3分で9枚!!「絶対無理…(@_@;)」と思っていましたが、何枚か撮っているうちに「イケるかも…(^ >^)」という自信がでてきました。 長谷先生曰く、私達衛生士4人は写真を撮る素質(?)があるそうなので、あとは自己練習と日々の臨床経験で目標に達したいと思います!!
3分で9枚マジで頑張るゾッ(●^o^●)

(衛生士 松下)

?

WEBから24時間予約受付

検診のご予約 初診検診のご予約