救急医療研修会2008(歯科医師会)
2008年 05/27

この日は、午後の診療を休ませてもらって、歯科医師会で行われた救急医療研修会に参加させてもらい、心肺蘇生、AED、ショック時の診断、薬液、点滴に講義実習を受けてきました。
大学の口腔外科での研修以来、点滴などしたことのなかった私ですが、模型とは違い、実際の人の血管は動いたり、見えにくかったりしてやはり難しいと感じました。今日一日この実習をしたからといって、日常点滴をしない私が、数ヵ月後点滴をした方がいいケースに合ったとしても、正直、できれば専門機関に紹介したいし、そうすべきだと思います。ただ、緊急時の点滴・薬剤の投与についての知識を再確認したことは有意義でした。
しかし、点滴や薬剤投与は二次救命処置に入るもので、日常救急の現場にいない私達でも、いざという時、まず、実践できなければならないのは心肺蘇生を含む一次救命の部分だと思います。
これを機会に院内でも、また、AEDの使い方など一次救命処置について復習しようという話になりました。

(Dr. 武田万貴子)

WEBから24時間予約受付

検診のご予約 初診検診のご予約