さくらい歯科クリニック
さくらい歯科クリニック SDCコンセプト クリニック案内 診療案内 ドクター紹介 アクセス トピックス さくらい歯科クリニック
ホーム >トピックス > バックナンバー(2017年)

トピックス

現在…|2018年2017年2016年|…さらに前の年へ

Back Nunber[2017年1月1日〜12月31日]

クリスマスイベント2017大成功! 12/26

今年もたくさんの笑顔に会えて私達もとても幸せな気分になりました。
来年もまた診療を真面目にやりながら、その合間に皆さんがほっこりするような企画を継続していきたいと思います。
どうぞよろしくお願いします。

クリスマス 歯科予防イベント2017 12/19

今年もやってきましたこの季節!今年は12/25(月)にクリスマスを
楽しみながら予防を考える企画を考えていますので、ご期待下さい!

広大卒後研修会(子供達を健全歯列に導くためのコツ)に参加 10/23

10/15(日)院長先生、スタッフ4人で講演を受けに行ってきました。
溝の中のむし歯は着色なのかむし歯なのか判断することが難しく、その見つけ方のコツなど今すぐにでも使いたくなることばかりでとても勉強になりました。
患者さんの症状を早期発見できるように今回学んだことを活用していきたいです。 (歯科衛生士 博多)

須貝先生の講演では、永久歯が生え揃うまでの成長過程の症例をいくつか写真で見ました。
一つ一つの歯の交換期には正しい成長過程があり、それを見落としてはいけないと感じました。
子供たちの歯列不正を妨げるために早い段階で咬合育成を行えるよう、正しい知識を付けていきたいと思いました。 (歯科衛生士 宮澤)

須貝先生の講演を聞いて、地域に根ざしたホームドクターの役割を果たす上で、子どもの時期に健全歯列をつくっておくことの大切さを学びました。先生が長年の臨床で集めたという多数の症例写真を見ながら、目指すべき健全歯列とはどういうものなのかを臨床に即して勉強することができました。不正咬合だと8020達成率が低下するというデータもあります。須貝先生のように、患者さんが生涯健康でいられるために歯科の立場から出来ることを常に考え、実行していきたいと思いました。 (歯科衛生士 秋森)

須貝先生の講演では、子供の将来を見据えた診断の大切さを学びました。
小学校のすぐ隣にある歯科ということもあり、お子様の来院も多い当院。正しく噛める事が大人になってからの健康を左右するという、大切なことをわかりやすく丁寧に伝えていきたいと思います。 (歯科助手 田中)


ハロウィンイベント2017 10/6

さて今年もハロウィンの日に予防歯科を考えてもらうきっかけになるプチイベントを開催します。
お楽しみに!


mint-mate勉強会in大阪 に参加 10/6

『mint-mate 勉強会 第6回ケースプレゼンテーション発表会』のセミナーへ行ってきました。
mintのインストラクターのプレゼンを聞き、患者さんの症例を通して技術面だけでなく、患者さんの行動変容パターン(無関心期、関心期、準備期、実行期、維持期)のどのステージなのか見極め、ステップアップできる指導が大事だと思いました。
これからは目標設定を立て患者さんの歯周病への意識が変わる指導、コミュニケーションが取れるようにしたいです。 (歯科衛生士 博多 由貴)

先日、大阪で開催されたNDL ミントセミナーの勉強会に初めて参加させて頂きました。今回は長谷先生とNDLのインストラクターの方3名のケースプレ発表会でした。
主に患者さんの症例発表でメンテナンスや歯周病治療を進めていく上での患者さんとの関わり方やアプローチの仕方を聞くことができました。
発表を聞いて他院の歯周病治療の進め方や考え方を知ることができて良かったです。
また行動変容によってアプローチの仕方を変えたり無理のない目標設定をすることで患者さんのモチベーションを上げることができるとわかりました。
これから担当させて頂く患者さんに生かしていけたらと思います。 (歯科衛生士 宮澤)

先日、大阪で行われたケースプレゼンテーション発表会に参加しました。経験豊かな4名の歯科衛生士の方々によるプレゼンを聞いて、様々な視点から臨床に役立つヒントを得ることができました。
中でも私が特に印象深かったのは、NLP心理学と行動変容ステージモデルを活用して、患者さんとのコミュニケーションを切りひらいていくというお話でした。私たち歯科衛生士は、毎日たくさんの患者さんと関わっていく上で、お口の健康に関する情報を提供したり、セルフケアのテクニックを指導したりすることが求められます。しかし、全ての患者さんに同じ内容を同じように伝えるわけにはいかないのが臨床現場です。今回のプレゼンを聞いて、患者さんをいくつかのタイプやステージに分けて考えることでどんな患者さんにも向き合えるようになり、個々に合ったアプローチを見出せるということを学びました。
経験豊かな先輩歯科衛生士の方々のお話は、本当に勉強になります。今後もこのような機会を大切にしていきたいです。 (歯科衛生士 秋森)

開業15周年をむかえました! 10/4

本日10月4日でさくらい歯科クリニックは開業15周年を迎えました。
ここまでこれましたのも、スタッフをはじめ関わってくださった業者様、家族、そしてなによりも当院に来院してくださる患者様のおかげであると大変感謝しております。これからも微力ではありますが、地域の歯科医療に貢献できますように日々精進して参りたいと思います。
今後ともどうぞよろしくお願い致します。 (院長 櫻井宏樹)

ミントセミナー広島2DAYS に参加 9/11

先日、NDL mintセミナーのテクニカルミドルコースを受講しました。
セミナーではベーシックで得たSRPの基本の技術から少し応用した内容を学びました。
2日間、模型を使っての実習で器具の持ち方や操作の仕方、歯石を除去するコツなどを担当のインストラクターの方に付いて頂き練習をしました。
なかなか上手く操作ができずインストラクターの方に指導してもらうことがたくさんありましたが自分の中での注意すべきポイントがわかったので良かったです。
今回のセミナーで得たことをこれから患者さんに還元していけるよう頑張ろうと思います。 (歯科衛生士 宮澤)

先日、広島で行われたSRPテクニカルミドルコースを先輩DHの宮澤さんと一緒に受講しました。
6月に受講したベーシックコースから更にレベルアップした内容で、二日間のコースを終えた後はヘトヘトでしたが、それ以上にとても大きな充実感を得ることができました!今回、実際に手を動かしマンツーマンで指導していただいたことで、自分の得手不得手を認識し、今後の課題設定に繋げることができたと思います。
長谷先生流のSRP技術を身に付けることができれば、よりハイリスクの患者さんのケアにも携わることができます。今回学んだ内容を新鮮なうちにしっかり復習し、確実に自分のものにできるようがんばりたいです。 (歯科衛生士 秋森)

京都SJCD例会に出席 7/19

7/8.9 京都SJCDの例会の前日発表に指名されたので、このたび京都で初めてケースを発表してきました。
沢山の会員の前での発表で大変緊張しましたが、なんとか滞りなく終えることができました。
自分としては満足のいったケースを出したのですが、なるほど自分では気付かない点をいくつも指摘していただき、やはり全国で活躍されてる方からの視点は全然違うなと改めて再認識され、大変勉強になりました。
これからもチャンスが来たらまた発表して自分をブラッシュアップしていきたいと思います。 (Dr.櫻井)

ミントセミナー広島(歯周病治療ベーシック)受講 6/23

先日、長谷ますみ先生が講師を務める NDL mint-seminar のテクニカルベーシックコースを受講しました。
このセミナーでは、歯周治療を行う上で欠かせない技術の一つであるSRPの基礎を、実習を交えてじっくり教えていただきました。
特に、歯周ポケット内にスケーラーを入れて歯石をとる際の、患者さんの負担を最小限にするための長谷先生流のテクニックをたくさん学ぶことができ、とても充実した2日間になりました。また、セミナーに参加していた他院の歯科衛生士の方々との交流もあり、向上心が芽生える良い機会となりました。
9月には、ベーシックの次の段階であるテクニカルミドルコースを受講する予定です。今後も技術のレベルアップに努めていきたいと思います。 (歯科衛生士 秋森)

顎咬合学会2017 in 東京に参加 6/16

先日、東京で開催された顎咬合学会に参加しました。 今年は、2回目ということもあり数日前から計画を立てて当日はスムーズに聞きたい先生方の講演をまわることができました。
今回は、歯周病治療がメインの講演を選択しました。3名の先生方の講演を聞いて歯科衛生士としてどうあるべきか、患者さんに何を伝えるべきか、どう伝えるべきかを学ぶことができました。
歯科衛生士2年目になり、少しずつ軽度の歯周病の患者さんを診させてもらうことが増えてきました。
このタイミングで学会に参加して、新たな目標も見つかり、とても有意義な1日になりました。
たくさんの刺激を受け、もっと知識や技術を身につけたいと思いました。
今年もこのような大きな学会に参加させて頂けたことを感謝します。 (歯科衛生士 宮澤)

6月11日に東京で開催された顎咬合学会に参加させていただきました。 学会の前日に観光したスカイツリーの夜景、豪華な夕食のパワーを貰い、2回目の学会は無駄なく行きたいところをまわることができました!
特にシュミテクトのCMにも出ている若林先生の講義が一番印象的でした!『ただ単に歯周病の仕組みを伝えるだけでは患者さんには響かない。どのように協力してもらえるのか患者さんの性格を掴みきっかけを見つけ出すことが大事』だと教わりました。
私もこれからの診療で患者さんとコミュニケーションを取りながら患者さんのきっかけを作れる衛生士になりたいと思いました。 (歯科衛生士 博多)

 

先日、東京で開かれた顎咬合学会に行ってきました。とても大きな学会で、私にとって初めて院長や先輩スタッフと一緒に参加する学会だったのでとても楽しみにしていました。学会では、著名な先生方の講演を聴いたり、企業展示やポスター発表を見てまわったりする中で新しい情報を収集し、自分自身とても刺激を受けました。中でも、治療を行う上での患者さんとの関係づくりやカウンセリングのポイントを具体的に話してくださった若林先生の講演は大変興味深く、明日の臨床から実践できるヒントをたくさん得ることができました。今後もこのような開けた場に出向いて、新しく得た情報を患者さんにも還元していけたらと思います。
さくらい歯科クリニックで歯科衛生士として働き始めて3ヶ月目に入り、患者さんとコミュニケーションを図る余裕も少しずつですができてきたように思います。今回の学会での学びを活かして、常に広い視野と豊富な知識をもって日々の臨床に励んでいきたいです。 (歯科衛生士 秋森)



院内 セラミック治療セミナー開催 5/23

5/19(金)株式会社愛歯様より、院内でセラミック治療のセミナーを開催していただきました。
患者さんはお口の中のかぶせものや詰め物を選択するとき、自分に何があっているかよくわからない。。。
またもし説明を受けていたら白い物にしてたのに。。。
ということもよく聞きます。
ということで今回現在の白い詰め物やかぶせ物の最先端の材料はどうなっているのかを勉強し、より患者さんに幅広い選択肢を提供できるようになるため今回のセミナーを受講しました。

4月に入れ歯のセミナーをしてから今回で2回目ですが、よりスタッフ皆の知識の幅が広がり安心して保険診療や自費診療の違い、またそれぞれの利点欠点を知ることができたのではないかと思います。

皆が一緒に勉強し知識を共有することで同じ説明ができるようになるので、また今後も院内セミナーをどんどん行っていきたいと思います。

新人歯科衛生士登場! 4/20

先日、長谷ますみ先生に初めてお会いすることができました。先生は、歯科衛生士が、お口の健康を守るプロとして患者さんに対してどのような働きかけができるかについて、症例を混じえてお話しして下さいました。その中で、確実な予防や治療は、患者さんが自宅で行うホームケアと、私たち歯科医療人が行うプロケアが合わさって初めて成し得るものだと改めて気づくことができました。
これから、さくらい歯科クリニックで、歯科衛生士としての技術はもちろん、患者さんがお口の健康に少しでも興味を持っていただけるような、コミュニケーション能力も身につけていきたいと強く思いました。 (歯科衛生士 秋森)

PMTC研修会に参加(広島) 4/14

先日、スウェーデンのブリギッタ先生が講師を務めるPMTCテクニカルコースに参加してきました。 今年は幸運なことに広島での開催があり3ヵ月ほど前から応募をしました。人気の講義とのことで、県外からも多くの方が参加していました。

講義では臨床研究よりPMTCを定期的に行うことで虫歯や歯周病の予防になるということがわかりました。さらに、年齢別の研究ではPMTCは何歳から始めても今ある歯を守ることができることが証明されていました。
現在の口腔内を維持するためには今からの予防対策が必要不可欠ということがわかりました。
相互実習では実際にPMTCの一通りの流れをして、機械の正しい使い方や歯面への当て方、フロスの使い方まで見ていただきました。

1日だけの限られた時間でしたが講義と実習でとても有意義な時間になりました。
講義に参加してからは学んだことをさっそく実践しています。
また患者さん1人1人に合ったセルフケアの方法をお伝えできるように努力していきたいと思います。 (歯科衛生士 宮澤)

BLS(1次救命処置)プロバイダーコース受講 2/20

2/19日(日)新しくなったばかりの広島県歯科医師会館でBLS(1次救命処置)の国際資格を取得する研修会に参加してきました。

今まで歯科医師会が主催で行われた救命救急セミナーは何回も受講しましたがA-HA(アメリカ心臓協会)が主催する国際セミナーは初めてでした。約4時間に及ぶ模型を使いながらの実践的な内容で3人一組のクラスで交代で何回も何回も救命処置の練習を行いました。
その後、4時から実習の試験がありその後筆記試験もありました。試験は久しぶりでなかなか緊張しましたが無事全員合格し、一応A-HAお墨付きのバッジをいただくことができました。

今までぼんやりとしていた知識がすっきりしたこと、またちょっと前の内容とはもうすでに内容が改訂されていて、この分野は本当に日進月歩なのでしっかりついていかないといけないなと再認識させられた1日となりました。今回学んだことを日頃の臨床やまた街に出た時救急の場面に出くわした時、役立てたいと思います。

また、早速院内セミナーを開いてスタッフみんなで最新知識を共有したいと思います。 (Dr.櫻井)



広大卒後研修会(歯周病編)に参加 01/27

『ぺリオのお悩み解消術 ―SPTを中心的に―』の講義を受けにいきました。
歯のしくみやクリーニングを受ける際に歯科医院で行うプロケアと家で行うセルフケアの重要性を改めて実感しました。
また内山茂先生の臨床経験で長い年月定期的にクリーニングを受け続けた患者さんの口腔内の変化を見て衝撃を受けました。
私も今回のことを活かして患者さんと向き合い、サポートしていきたいと思いました!! (歯科衛生士 博多)
先日、内山茂先生の講義を受けにいかせていただきました。
講義は歯周治療後のメンテナンスが主な内容でした。
定期的なメンテナンスは歯を長く持たせるには必要だということは理解していましたが、その根本的な理由を知ることができました。
今は、小学生から高校生くらいまでの患者さんをメインに診させてもらっていますが、今のうちからのメンテナンスの重要性をお伝えしていけるよう頑張ろうと思います。 (歯科衛生士 宮澤)

トピックスのバックナンバーはこちら

2016年2015年2014年2013年2012年2011年2010年2009年2008年