さくらい歯科クリニック
さくらい歯科クリニック SDCコンセプト クリニック案内 診療案内 ドクター紹介 アクセス トピックス さくらい歯科クリニック
ホーム >トピックス > バックナンバー

トピックス

現在…|2013年2012年2011年|…さらに前の年へ

Back Nunber[2012年1月1日〜12月31日]

ウェルカムクリスマスフェア2012 12/13

今年もやってきましたこの季節!
今年は12月25日(火)に行います。
当日来院の方に少しクリスマス気分を味わって帰って頂けるような企画を考えています。
こうご期待♪



広大卒後研修会(講師 安生朝子先生)に参加 12/11

11/25に、広島大学卒後研修会に参加しました。連休の最終日でしたが、350人の参加者がいたそうで、講師の衛生士・安生朝子さんへの関心の高さがうかがえました。
お話を聞いて、衛生士歴30年の症例の豊富さと、人間的な魅力にあふれた方だな、と思いました。同じ歯科医療従事者として、学ぶ事が多い内容でした。プロとしての自己管理や、常に自分を磨き、1人1人の患者さんを大事に思い、その方々と長くお付き合いする事(20年以上通院の方が200人を超えるそうです)は、並大抵ではできないことです。私も技術を磨く事はもちろん、幅広い知識や人間性の向上を目指して頑張ろうと思いました。 (歯科医師 柴内)

安生朝子先生のお話を聞いてきました。安生先生が広島に来て下さるのは貴重な事で、大変楽しみにしていました。講演では、安生先生が教えてきてもらってきたという著名な先生方の名前が沢山出てきました。安生先生は歯科衛生士になって30年。長い方のメインテナンスでは25年を超えるそうです。ひとりの方を長く診るということは、そう簡単な事ではありません。その方の転勤、または病気などライフステージごとに抱える問題もあり、また歯科衛生士個人の事情もあります。安生先生も現在、ご両親の介護をしながら仕事をしていらっしゃいます。それでも、安生先生に診てもらいたいと言う方が遠方から、新幹線を使い飛行機を使い通院されるのです。
安生先生は講演の中で言われました。歯科衛生士はずっと勉強。仕事のモットーは"やさしく、深く、楽しく、まじめに"。
安生先生の魅力は、人間性で愛があふれている事、深い知識を身につけ続けている事(一週間に6冊の本を買って読むそう)、確かな技術を持っている事ではないかと感じました。安生先生の書いた本からはいつも患者さんを心配し、患者さんを想う気持ちが伝わってきます。私もこんな心の温かい、患者さんの事を考えられる、愛であふれた歯科衛生士でありたいと思い、ここの先も知識と技術の研鑽に努めたいと強く思いました。 (歯科衛生士 島田)

今回は安生さんの講演会に参加させて頂きました。
噂に聞いていた通りの素晴らしい講演でした。とても勉強になる内容と、楽しいトークの中に感動秘話がおり混ざり、眠気もやってきませんでした!!
歯科衛生士のあり方を考えさせられました。わたしも、もう少し考えを柔軟にして日々の診療に取り組んでいきたいなと思います。 (歯科衛生士 佐々木)

歯科助手サミットIN岡山に参加 11/12

11月3日に岡山で開催された「歯科助手サミット」に参加させていただきました。
サミットと言うだけあって歯科助手として向上心のある熱い思いを持った方々ばかりで隣の席のそのまた隣の面識もない方達ともすぐに仲良く話せた環境でした。サミットの講師はもちろん歯科助手の方で、医院に来ていただいた患者様とのエピソードや体験談などを聞かせていただきました。自分に足りないものを再確認できましたし、また『これでいいんだ!』と自信にも繋がり、これからの診療にも生かして行きたいと思いました。
どんな思いで、当医院を選んで来て下さったのか、どんな思いで歯を診て欲しいと来院されたのかを、しっかり伺い受け止め、来ていただいた患者様に『来てよかった』と感じていただける医院を作って行きたいと思います。
このような素晴らしいサミットに参加させて頂けたことに感謝します。 (歯科衛生士 田中)



歯ブラシコーディネーターセミナーIN広島に参加 10/23

今回のセミナーでは、市販の歯ブラシがどのように作られているのか、また材質によってどのような違いがあるの、またどのようにして歯ブラシの硬さは決められているのかなど歯ブラシ作りのこだわりを勉強することができました。
歯ブラシ一本で磨きやすさは大きく左右されます。磨きやすさやプラークの除去効果を期待して作られた多種多様な歯ブラシがスーパーやドラッグストアに多く陳列してあります。数の多さに、誰でもどれを選んだらよいか迷ってしまうのではないでしょうか。歯科医院で歯ブラシを処方するという考えは以前よりありましたが、ですが意外と知られていません。歯ブラシは時に薬のような効果を発揮することがあります。ここの汚れが落とせない…と悩んでいると、歯ブラシに変えてみることで解決するということは良くあるのです。
そこで歯ブラシコーディネーターが活躍します。今回の勉強で、私たち歯科衛生士は歯科専売の歯ブラシには誰よりも詳しいのですが市販の歯ブラシについてはまだまだ情報収集が必要だと感じました。私たちこそ歯ブラシ博士になって多くの方に自分のお口の環境、また生活環境にあった歯ブラシを御紹介する事ができたらと思いました。
また、このセミナーではミント歯ブラシという新製品についても勉強しました。
ミント歯ブラシは5種類あります。全てではないですが多くの患者さんに合う歯ブラシが選べるのではないかと思います。歯科衛生士が何度も何度も試行錯誤して作られたんだというのが分かるとてもよい歯ブラシで、さくらい歯科のスタッフも使っています。是非一度手にとって見て頂きたいと思います。 (歯科衛生士 島田)

今回は長谷先生の紹介で歯ブラシコーディネーターセミナーに参加させていただきました。
目的は長谷先生が中心となって考案した5種類の歯ブラシを使いこなせられるようになる為です。
私はブラッシング指導には比較的自信があったのですが、中には何回指導をしてもプラークが除去できない患者さんもいました。そうゆう場合はもう半ば諦めていたのですが、今回のセミナーを受けて、歯ブラシの種類を変える事で今まで落としきれなかったプラークが落ちるということに気付かされました。その事に気付いてからまだ日は経っていないのですが、臨床での日々のブラッシング指導が楽しく感じられるようになりました。
これからは患者様の生活環境、食生活、歯並び、プラークの付き方などをしっかりと見て、一人一人に合った歯ブラシを選択し、私も患者様も満足のできるブラッシング指導をしていきたいと思います。 (歯科衛生士 松下)

今回、"歯ブラシコーディネーター"のセミナーに参加させて頂きました。
今までは、漠然と患者様に合っている歯ブラシを選んでいるつもりでした。
しかし、市販にも良い歯ブラシはたくさんあり、歯科専売と両方を合わせた中から選ぶことができるようにならなければいけないと実感しました。そのために、まずは興味を持ち知識をつけていきたいと思いました。 モチベーションがとても上がるセミナーでした。 (歯科衛生士 佐々木)

今回のセミナーでは、歯ブラシはどのようにして出来るのか、歯ブラシの選び方などを教えて頂きました。
一人一人、お口や歯の大きさ、形態、歯並びは違います。そこでどのような歯ブラシが適しているのか。選ぶポイントをたくさん聞けたので、それを生かして患者様の歯ブラシ選びにもサポート出来るようにがんばりたいと思います! (歯科衛生士 木部)

Mint-seminar主催の【ハブラシコーディネーターセミナー】講習会に出席させていただきました。医院のスタッフとして患者さまにお勧めするハブラシは、歯科専売であり、自分たちがその良さを解っていても患者さまのニーズに合っているかどうかという問題について深く考えていなかったのではないかと、反省するチャンスになりました。患者さまに合ったハブラシをお勧めするのはもちろん当たり前のことですが、市販のハブラシがどのようなものなのか、患者さまがどのような目的でそのハブラシを求められたのかなど、きちんと把握した上で何をどう使っていただくのがいいのかしっかり勉強する必要があるなと改めて思いました。今、患者さまが使っているハブラシをよく知った上で、使いこなしていただくように指導するには 使い心地をまず自分で確かめて行きたいと思います。
また、さくらい歯科に指導に来ていただいている長谷ますみ先生プロデュースの「ミントハブラシ」にはたくさんの研究と愛と秘密が隠されていることを知りました。スタッフ一同、その愛と秘密を還元したいと思いますので、ブラッシング指導を楽しみにしてください。 (DA 田中)


10周年記念パーティー開催 10/15

2002年10月4日 この八幡地区で開業したわけですが、早いものであっという間に10周年を迎えました。
以前から普段お世話になっているスタッフ、業者さんも呼んで一緒に大感謝祭をやろう!!という計画を立てていました。普段なかなか業者さんやスタッフともゆっくりしゃべれる機会もなかなかないので絶好の時と思い、9月からゆっくり準備を進め10月6日(土)に広島の並木通りにあるポルタポルテというお店で10周年記念パーティーを行いました。

本当にここまで来れたのは、家族、スタッフ、業者さんの支えがあったからであり、大笑いあり、サプライズあり、涙ありの大感動の感謝祭になりました。本当に日々みんなに支えられてきたのだとあらためて感じました。
本当に感謝感謝の1日となりました。
みんなから元気とやる気をもらえたのでこれからも次の10年めざして日々頑張っていこうと思います。 (院長 櫻井宏樹)



アメリカ歯周病学会 IN ロスアンゼルスに参加 10/10

9月29日(土)〜10月2日(火)に開催された第98回アメリカ歯周病学会に参加するためにロスに行ってきました。

今回の旅の目的は普段は日本の学会ばかり行っているので海外の特に世界のリーダーであるアメリカでは日本とどんな違いがあるのだろうということを体感することでした。
いきなり着いたのはダウンタウンのど真ん中(日本でいえば新宿あたり?)のホテル。最初は不安でしたが、日本から沢山の先生方が同じホテルに泊まっておられ、中にいるとまるで日本にいるみたいでした。会場はコンベンションセンターでありましたが、どこにいけばいいか迷子になるくらい広く3日でどれだけ消化できるかが勝負でした。

今回感じたのは、さすがにアメリカでライセンスを取るのは難しいのがよくわかるくらいそれぞれのドクターの治療レベルが相当高いこと、しかし、日本料理がとても繊細であるように日本のドクターの治療も世界でも全然負けてないくらい繊細でレベルが高いということでした。
企業展示も何度も見に行きましたが、日本には売っていないビッグなサイズの器具がたくさんあるのは面白かったですが、全体的にみて日本との大きな差は感じなかったです。



日本人は全然負けていない!
これからも誇りを持って治療しよう!
そう感じた今回の旅でした。


2年後の第100回大会はサンフランシスコらしいですが、また是非行きたいと思います。






ハロウィンイベント2012 10/5

さて、今年もやってきましたハロウィン!
さくらい歯科では今年も予防をテーマにしたイベントを、
10月31日におこないたいと思います。

どうぞよろしくお願いします。

若林健史先生(東京開業)の講演に参加 8/21

私が所属する日本インプラント臨床研究会の今年1回目の特別研修会に参加するため8月18日〜19日東京に行ってまいりました。
今回の講師は日本を代表するぺリオドンティスト(歯周病の専門医)であり、シュミテクトやポリデントのCMに登場することで広く国民にも知られている若林健史先生でした。
講演では天然の歯を保存する重要性、またインプラントと天然の歯の共存にはなにが必要かなどをこと細かく説明してくださり、大変感銘を受けました。また治療のみならず患者さんへの接遇、チームとしての心意気など日常診療で大変ためになるお話も聞けました。
恵比寿と代官山の間で看板もださず、ひっそりやってらっしゃるにもかかわらず、30年間ずっと患者さんに支持され、途絶えないのはなぜかが本当によくわかりました。
私のクリニックも歯周治療には特に力を入れてますが、これからも歯科医師、歯科衛生士の両方のレベルアップをはかり、若林歯科のチームに負けないよう皆で研鑽を積んでいきたいと思います。 (院長 櫻井宏樹)



ヘルスケアウェストに参加して 7/30

今日は福岡で開催されたヘルスケアウェストに参加してきました。
歯科衛生士の専門誌である"DHスタイル"の連載で井上 和さん(左から2番目)を知り、ずっとお話を聞いてみたいと思っていました。その記事は大好評につき5年目に入るとか。"毎日をごきげんにする方法"という題で書かれています。井上先生のお話は、開始数分後からやっぱり来てよかった!と思いました。 プロとしてどうあるべきかと言うお話は身が引き締まる思いでした。説得力のあるお話で大きな影響を受けました。
自分が受けたい治療を提供できるように実践していきたいと思います。福岡の会場で、以前大変お世話になった恩師にばったり!驚きました。歯科衛生士の仕事のやりがいを教えてくれた恩師(歯科医師)に会えたことも、また芯から頑張ろう!と思えるパワーを頂きました。
予防とは患者さんの"なんともないです"という言葉のためにあります。
私も皆さんのなんともない、痛くもなく不快感の無い状態が続くことを切に願って、予防に取り組みたいと思い決意を固くしました。 (歯科衛生士 島田)

第2回定例勉強会 7/27

これまで不定期で行っていた院内勉強会を、定期にしての第2回は、副院長の柴内先生の講義でした。今回のテーマは「根管治療」でした。
日頃の臨床において非常に頻度の高い治療ですが、”歯牙の形態”を考えながらの器具使用の分類、また実際の臨床例など、とても細かくスタッフにわかりやすく説明してくれました。さすがに歯内療法(根っこの治療)学出身だけあって幅広い知識と技術を持っております。皆の質問にも的確に答えてくれました。
いつもは何気なく指示されたものを出していたと思うのですが、これでどんな意図でそれを使っているのかスタッフも理解が深まったと思うので、非常に有意義だったと思います。
これからも即実践的な勉強会を継続していきたいと思います。


院内旅行 IN鹿児島 7/20

7月15日(日)〜16日(月)2年ぶりに院内旅行に行ってきました。
旅行前は毎日九州地方の記録的な大雨が報道され、旅行が遂行されるか心配されましたが、当日は本当にうそのような快晴で旅行を満喫することができました。近年なかなかスタッフみんなでの親睦旅行ができなかったので、2日間まるで修学旅行のようにみんなで色んなとこに行ったり、美味しい料理を頂くことがで大変思い出に残る旅になりました。
また今回の旅行を企画して、準備にあたってくれたスタッフに感謝したいと思います。
また来年も目標を決めて皆で行けたらいいなと思います。 (院長 櫻井宏樹)


鹿児島へ一泊二日で、院内旅行に行ってきました。
天気の心配をしていたのですが、二日間とも雨は降らず、とてもラッキーでした。今回幹事でしたが、出発前よりプランをたてるところから、院長をはじめ皆が協力してくれて、とても楽をさせてもらいました(^ー^)
いつもながら、さくらい歯科のチームワークの良さを感じました。
企画していただいた院長には、とても感謝しています。
リフレッシュしたので、また仕事を頑張りたいと思います。 (歯科医師 柴内明子) ◇ ◇ ◇ ◇ 今回の院内旅行は私も初めて行く鹿児島だったので、何もかもが新鮮に思えて楽しむことができました。桜島や西郷隆盛像を生で見れたこと、砂むし風呂を指宿で体験できたことなど、初体験だらけで大満足でした。
鹿児島はとてもむし暑くて、終止汗だくでしたが、梅雨の時期に天候にも恵まれ、ある意味思い出に残る旅行となりました(笑) (歯科衛生士 松下) ◇ ◇ ◇ ◇ 私は今回が初めての院内旅行でした。ずっと行きたかった鹿児島!!
市内の観光名所巡り、夜は指宿の旅館での豪華料理(特に、アワビ!!)と温泉に終始興奮しっぱなしでした。
何よりスタッフのみんなと楽しい時間を過ごすことができ、嬉しかったです。
この旅行を計画・立案してくださった先生方に感謝です。 (歯科衛生士 佐々木)


さくらい歯科の院内旅行へ行ってきました。
初めて行った鹿児島県はそのまま住みたいくらい素敵な所でした。桜島の綺麗な景色、指宿の温泉、美味しい料理に大満足の二日間でした。九州の飴は何処へ?というくらい晴天で、お天気に恵まれた奇跡、感謝です。
連れていって下さった櫻井院長、一緒に楽しんだスタッフの皆、また行かせてくれた家族に感謝します。心も体もリフレッシュして、充電もしっかりできたので、これからまた、頑張ります! (歯科衛生士 島田) ◇ ◇ ◇ ◇ 今年も行ってきました!! 院内旅行 in 鹿児島!!
小さい頃に一度行ったことあるのに、そのときの記憶はさすがに忘れてて…(笑)
桜島では素敵な景色が見れて、指宿ではおいしい料理が食べれて、気持ちいい温泉にも入れて♪
みんな笑顔の絶えない楽しい2日間でした。鹿児島ありがとう☆ (歯科衛生士 木部) ◇ ◇ ◇ ◇ 今回の旅行は、スタッフ全員で行く事が出来たのでとても有意義だったと思いました。
前日まで九州は大雨の災害で計画を立てていた旅行も心配でしたが、嘘のような晴天で、壮大な景色を望む事が出来て本当に癒されました。
旅館の食事も美味しくて、幸せでした♪スタッフ皆で終止笑い合い絆も深まり本当にいい旅行になりました。 (歯科助手 田中) ◇ ◇ ◇ ◇ 今年の院内旅行は鹿児島!!旅館のお料理も美味しく露天風呂からの眺めも絶景で感動しました。
楽しみにしていた桜島に行くことができ砂蒸し風呂も体験できたので大大大満足!!
私にとって最初で最後になるかもしれない鹿児島に連れて行って頂き感謝です。
ありがとうございました。 (歯科助手 岸田)


(社)日本口腔インプラント学会認証医取得 6/4

この度、日本口腔インプラント学会の認証医を取得することができました。
取得にあたっては日本インプラント臨床研究会の指導医の先生方をはじめ、広大の先輩また後輩先生方にも大変お世話になり感謝しております。
これからも、インプラントのみならず幅広い分野の勉強に精進していきたいと思 いますのでどうぞよろしくお願いします。 (院長 櫻井宏樹)

ウェルカムキシリトールフェア2012 5/25

6月4日(月)はむし歯予防デーということで毎年恒例のキシリトールフェアを開催します。
当日はキシリトールにスポットをあてたイベントを行います。
こうご期待♪

院内勉強会 スタート! 5/25

今までは歯科衛生士のみの勉強会を2ヶ月に1回行っていましたが、まだまだディスカッションの時間が足りないとのスタッフの要望があり、今まで不定期で行っていた全体勉強会を2ヶ月に1回にして、毎月勉強会をスタートさせました。
最初のプレゼンは私院長の櫻井が行いました。あるハードなケースにおいて歯科一般治療と歯周病治療をどのようなコンセプトで融合して進めていくかをプレゼンしましたがそれぞれスタッフから沢山の質問が出て、普段診療中ではなかなかゆっくり議論できないことも話せて充実した時間を過ごせたと思います。これからもこの全員参加型の院内勉強会を継続していきたいと思います。 (院長 櫻井宏樹)



アメリカ研修旅行記 5/17

4月24日から4月29日まで、アメリカのワシントン州にあるシアトルと、モンタナ州にあるミズーラという町に行ってきました。また日本人歯科医師で、シアトルで開業されている歯科医院を見学に行かせて頂きました。 なんとその歯科医院は同じビル内に歯科医院が16軒入っているそうです。日本なら考えられません。
歯周病専門医、小児歯科、一般歯科等の部門に分かれていると。アメリカの歯科事そうです。今回の歯科医院は一般歯科でした。ラッキーなことに、歯周病専門医で著名な中山先生にもお会いすることができ、アメリカの歯科衛生士事情などをお聞きすることが出来ました。アメリカでは歯科衛生士はなりたい職業ナンバー5に入るほどの人気な職業です。アメリカでの歯科衛生士の職業は知名度も高く、マイハイジニストを持つ人は少なくありません。それほど口の健康に関心が高いことが分かります。私は日本でももっともっと歯科衛生士の魅力を皆さんに伝えたいと思いましたし、歯科衛生士がどんな仕事をしているのかを多くの方に知っていただきたいと思いました。

次にアメリカンイーグル社の工場見学についてです。アメリカンイーグルの会社はアメリカにいくつもあるそうですが製造しているのはモンタナ州のミズーラの工場だけだそうです。歯石を除去するための道具(スケーラー)などを作成する会社であるアメリカンイーグル社の工場の見学こそ、今回の旅行の目的でした。 
日頃使っている道具がどのように作られ私たちの手元に届くのか、それを知ることは大変勉強になります。金属の硬さひとつ、角度、大きさ、長さ一つ一つの事が歯茎の中で行う作業には根拠があり、こだわりがあります。1本1本が手作業で丁寧に製造されていることを知り、感激しました。また100%の顧客満足を目指しているという会社の理念や情熱にも大変を感銘をうけました。アメリカンイーグル社には日本にはまだ入ってきていない素晴らしい商品が多く存在することも、今回初めて知ることが出来、是非日本でも使用してみたいと感じました。

歯科衛生士として海外へ訪れたのは今回が初めてでした。この素晴らしい経験を今後の歯科衛生士人生で大いに役立てて行きたいと思います。このような貴重な経験が出来たのは、櫻井院長はじめスタッフの皆様の助けがあってこそです。皆様に心から感謝します。ありがとうございました。 (歯科衛生士 島田)

母の日イベント2012 5/7

5月12日(土)母の日の前の日ですが、
日頃の感謝をこめささやかなイベントを企画しています。
こうご期待♪


スマイル会 よしだ歯科(大阪)見学♪ 4/27

4月25日(水)今や全国でその名をとどろかせている吉田真一郎先生に会いに行ってきました。
私は広大、彼は岡大のテニス部の同級生として知り合って以来もう20年来の付き合いになりますが、こうやって定期的に会って親睦を深めれるのは本当にうれしいし、いつも彼にはパワーをもらえます。
さて今回はまた短い滞在ではありましたが、久しぶりに吉田歯科を見学させていただきました。
目指すところが非常に似ている彼のクリニックですが随所に患者さんの気持ちを和ませる細かい配慮を 感じ、またそのかもし出す雰囲気から「やっぱり流行っているところは肌の感じかたが違うな〜」としみじみ感じました。
患者さんは見てないようで、クリニックの様々なところを日々みておられます。そういうのを第三者的に観察できたのはとても勉強になりました。どんどんパワーアップしていく彼のクリニックに負けないように私も頑張りたいと思います。 (院長 櫻井宏樹)



岡先生の基調講演に参加 4/23

4月15日(日)、エソール広島で私の所属する歯科衛生士のスキルアップを目指す組織であるJokanスクールの入校式が開かれました。
その中の基調講演はいつも著名な方々が様々なテーマでお話をしてくださいます。今回は大阪府の岡 賢二先生で、長谷ますみ先生の生みの親とも言える先生です。
岡先生の講演は大変貴重で、なかなか聞く事はできないそうで、今回も県内、県外から多くの歯科衛生士、歯科医師が参加しました。今回は「患者とともに歩む」というテーマでのお話でした。
病気を発症させないことが最高の治療である。
虫歯や歯周病になってから治療をするということが本来の治療と普通は考えますが、その虫歯や歯周病にさせない治療がある。それが予防であるということでした。親が虫歯や歯周病で歯を失ってしまっても、子供がそうなるとは限りません。小さい頃から受診し、小さなリスクから排除していくという積み重ねが虫歯の無い口腔内や歯周病を発症させない環境を作ることが出来るのです。これこそが最高の治療と言える。このようなお話でした。
メインテナンスに通ってこられる患者様は増えています。その中で痛くなったから行くという人も多くいます。いかに長期間の質の高いメインテナンスが重要であるかを再認識できたお話でした。私たち医療者がどれだけ患者様の健康のために貢献できるか、今後の課題とも言えると思います。 (歯科衛生士 島田)
今回、初めて上間スクールのセミナーに参加させていただき、たくさんの刺激を受けることができました。午前中は岡先生の基調講演、午後は特別に上間スクールの生徒さん達が作ったケースプレゼンテーションを特別に聞かせて頂いたのですが、その中に私の友人もいました。その友人は上間先生にも認められている程、優秀な衛生士さんで、普段から勉強や練習に熱心に取り組み努力していました。
その今までの成果を今回のケースプレゼンテーションとして発表し、ステージに立った立派な友人の姿を見て、私はとても感動しました。と同時に同じ衛生士歴6年目とゆうキャリアで、これほどの差が出てしまっている事にも焦りを感じ、今の現状を反省しました。
友人とは目指すべき目標が違うということもありますが、このセミナーをきっかけに、私は私なりに向上心を持って、患者様に満足のいく診療をこなせられるよう、日々努力したいと思います。 (歯科衛生士 松下)
昨日は、岡先生の基調講演会に参加させて頂きました。
メンテナンスの重要性を再実感する内容でした。定期的にメンテナンスに通っていただくためには患者様の満足度を高めることが大切であり、そのためには自分の技術面はもちろんのこと、人間性も磨いていかなければならないと感じました。勉強会に参加させていただくのは久しぶりでしたが、とてもいい刺激になりました。 (歯科衛生士 佐々木)
歯周病や歯列不正など色々な症例を見させていただいて、わたしの知識の未熟さを痛感しました。メンテナンスの大切さを伝えていく、そのためにはまず自分と患者さんとのコミュニケーションをしっかりとる。あたしたち衛生士の力で患者さんのモチベーションはかえられるんだ!ということが分かりました。
私も今年で衛生士四年目なので、また新たな目標をしっかりと持ちこれからも笑顔と元気を忘れずに仕事に精進していきたいと思います。 (歯科衛生士 木部)
4月15日に講演会に参加させて頂きました。講師は、大阪で開業されている岡賢二先生でした。
開業30年の間に、長期間メンテナンスのため通院されている患者さんが、多数おられる事に驚きました。そして、そんな定期的に通院されている一人一人の何十年もの記録(口腔内の写真や歯周病の検査など)が、7千人以上も保管されていると聞き、さらに驚きました。
先生と衛生士さん、患者さんが同じ目標をもって取り組まないとできないことなので、たいへん感銘を受けました。また、幼少の頃からの定期的な通院により虫歯が1本もない子供達が、大人になっても変わらずメンテナンスに通院している例も多く聞きました。そこから、歯を守るかかりつけ医の重要性を感じました。私も、患者さん一人一人の健康に対する思いを大事にし、お口の健康の重要性を伝えていきたいと思いました。 (歯科医師 柴内)

臨床力UP!〜歯科医師会講演会に参加して 2/21

2月19日に院長と講演会に参加しました。「修復治療を成功させるための臨床基準」 と題して土屋賢司先生(東京都歯科医師会)のお話をお聞きました。
実際の症例写真で、10年以上変化のない素晴らしいものばかりでした。虫歯の治療といっても、顔全体や歯肉と調和がとれて、しかも機能的にも問題のないものとなると、難易度が高く色々な工夫をされているのだと実感しました。
すぐに取り入れられる工夫や便利な器具も教えて頂き、実り多い1日となりました。今後も研鑚を続け、患者様に満足していただける医療を目指したいと思いました。

バレンタインイベント2012 2/9

2月14日(火)に恒例のバレンタインイベントを 行います。当日来院された方には、スタッフから 予防に役立つチョコッとプレゼントがあるのでお楽しみに♪

トピックスのバックナンバーはこちら

2011年2010年2009年2008年2007年2006年2005年2004年